本文へスキップ

労災保険における算定基礎日額について解説しています。

労災保険概要労災保険における算定基礎日額とは

労災保険における算定基礎日額とは

「算定基礎日額」とは、業務上の事由または通勤による負傷や死亡の原因である事故が発生した日、または医師の診断によって疾病にかかった事が確定した日以前1年間に、労働者が事業主から受けた特別給与の総額を365で割った額となります。

この特別給与とはいわゆるボーナスなどの給付基礎日額の算定の基礎から除外されている、いわゆる3か月を超える期間ごとに支払われる賃金を指します。

ただし、特別給与の総額が給付基礎日額に365を乗じた20%に相当する額を超える時は給付基礎年額の20%に相当する額が算定基礎年額となりますが、150万円が限度となっています。

これは傷病特別年金や障害特別年金等、いわゆるボーナス特別支給金の算定の基礎となります。


参考条文等

<労働者災害補償保険特別支給金支給規則>
第6条  特別支給金の額の算定に用いる算定基礎年額は、負傷又は発病の日以前一年間(雇入後一年に満たない者については、雇入後の期間)に当該労働者に対して支払われた特別給与の総額とする。ただし、当該特別給与の総額を算定基礎年額とすることが適当でないと認められるときは、厚生労働省労働基準局長が定める基準に従つて算定する額を算定基礎年額とする。



  
<スポンサードリンク>

information


<スポンサードリンク>